北村京子 プロフィール

ニューヨーク生まれ。10歳から14歳まで、ジュリアード音楽学校の大学生以下の部でピアノを学ぶ。高校と大学は日本(国際基督教大学卒)。卒業後、フジテレビに入社、報道記者となり、東京勤務を経てパリ特派員に。その後、会社を辞めてニューヨークに戻り、数年間、日本のファッション誌のライターとして活動。一時期、ロッキング・オンから出版されている雑誌「CUT」のコラムを書いていたこともあり、ロバート・デニーロやマーティン・スコルセッシら映画関係者を多くインタビューした。

現在はボーカリスト。本人も、どういう展開でミュージシャンになったのか、よくわかっていない。2003年以降、アンソニー・ブラクストン、スティーブ・コールマン、レジー・ワークマンら、数々のミュージシャンのサイドマンとしてレコーディングまたはパフォーマンスをしてきた。2010年からはアンソニー・ブラクストンが率いるTri-Centric Orchestraのボーカリストの一人になり、ブラクストンのオペラ「Trillium E」(New Braxton House 2011)、ブラクストンとのデュオ「12 Duets (DCWM) 2012 」(New Braxton House 2014) など、数々のアルバムに参加している。アルバム一覧はdiscographyのページでどうぞ。